2008年07月08日

ベジタリアンフェスティバル (キン・ジェ)

プーケットの一番有名なお祭りは ベジタリアンフェスティバルです。
タイ語ではキン・ジェといって菜食レストランの意味です。

プーケットはスズの採掘でにぎわっていた時代、
中国から興行に来た京劇団が次々と当時の奇病だったマラリアにかかり、
菜食をして回復を祈ったことに起源すると言われています。

旧暦の9月に新から9日間、神通力の強くなるといわれているこの時期に
白装束をし、健康と幸福を祈って肉類や動物性の脂などを一切とらずに過ごします。

このお祭りが有名な理由はパレードです。
菜食をして神の降りてきた人々はそれを披露するために
両頬から鉄パイプや串を貫通左斜め下させ、トランス状態でパレードを行います。
プーケットタウンのかく中国寺院が拠点となって、
日中から行われます。

世界中に奇祭がありますが、これもその中の1つと言われます。
【関連する記事】
posted by プーケットダイビング at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | プーケット島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プーケットの安宿 プーケットバックパッカーイン

プーケットというと高級リゾートのイメージがあるかもしれませんが、
実は格安なゲストハウスもあるのです。ハートたち(複数ハート)

2007年にオープンしたプーケットバックパッカーインは
ダイビングのボートの港、シャロン湾にあり、
日本人宿としては唯一のドミトリーになっています。

隣に日系ダイビングショップのほうぼう屋があるので
言葉の問題のないし、ツアーの相談もできるので安心。
また、ダイビングの各種ライセンス取得中は無料で泊まれるキャンペーン中。
周辺には24時間のスーパーやセブンイレブン、ナイトマーケットなどもあり、
生活の面でも便利。

プーケットで一番美しいといわれるカタビーチまでも
レンタルバイクで10分程度と近いのも魅力です。決定

場所はシャロンサークルからカタ方面に約200m

宿泊料金

☆1泊 250バーツ
☆1週間 1200バーツ
☆1ヶ月  5000バーツ

詳しくはこちら


※FUNダイビングをする場合も割引があります。
posted by プーケットダイビング at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | プーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャンセイロン JUNGCEYLON

プーケットの一番の繁華街、
パトンビーチに2006年にプレオープン、2007にオープンしたショッピングモール。
ジャンセイロンという名前はプーケットの古い名前です。かわいい

中にはロビンソンデパートとスーパーのカルフールも入っています。
お土産などのショッピング、お食事に便利です。ハートたち(複数ハート)

ジャンセイロンは4つのゾーンに分かれています。

・シランブルーバード・・・トロピカル・リゾート・スタイルゾーン

・プーケットスクエア・・・エンターテインメントやロビンソンデパート、カルフールなどのゾーン

・シノプーケット・・・シノ−ポルトガルスタイルのローカルカルチャーゾーン

・ザ・ポート・・・アウトドアセクション

営業時間(年中無休)

ジャンセイロン・ショッピングコンプレックス 11時−22時
カルフールハイパーマート          10時−22時
SF シネマシティ                11時−25時
SF ストライクボウル              12時−25時

http://www.jungceylon.com/
posted by プーケットダイビング at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | プーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

プロンテップ岬

プーケット島にはいくつかのビューポイントがあるのですが、
その中で私が気に入っているオススメなのが、『プロンテップ岬』です。
ナイハーンビーチとラワイビーチの間にあり、パトンビーチ方面からは4233号線、シャロン方面からは4024号線を南下します。

夕暮れ時になると観光客やタイ人などたくさんの人がプーケット一とも言えるサンセットを見に訪れます。
また、プーケット島に住む恋人達にとってプロンテップ岬は有名なデートスポットでもあり、沈みゆく夕日を一緒に眺めながら愛を語り

合う場にもなっているそうです。
駐車場も広く、まわりにはいろいろな屋台も出ているので、夕暮れ前に行き屋台を巡りながら日が沈むのを待つのもいいですね。

広場には宇宙の創造神とされるブラフマー(梵天)を奉った祠があり、
プロンテップ岬の名前の由来も『プロム(プラ)』=ブラフマー(神)、『テップ』=神から名付けられました。

また広場にはタイ国王即位50周年を記念して建てられた灯台があり、中は小さなミュージアムのようになっていて入ることができま

す。

プーケット島の旅の思い出に是非訪れてみてください。

posted by プーケットダイビング at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | プーケット島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

プーケットのダイビングポイント ピピ島

ピピ島はプーケットから約45キロ離れたところにあります。
レオナルドディカプリオ主演のザ・ビーチの撮影が行われて
一躍有名になりました。

ダイビングが主に行われるのはピピレ島の南側に浮かぶちっちゃな二つの島で、
ビダナイ・ビダノックといいます。

どちらも水深約25mくらいから切り立ったウォールがあり、
ソフトコーラルやシーファンがびっしり。
ゴーストパイプフィッシュなどのマクロからバラクーダなどの群れまで
充実のダイブサイトで、初心者からベテランダイバーまで楽しめるのがうれしいですね。
posted by プーケットダイビング at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | プーケットダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プーケットのダイビングポイント マリンパークエリア

プーケットの東へ行くこと約25km、
水面下にあるマリンパーク方面のポイントは
ダイバー用のポイントになっています。
中級以上向きのバリエーションにとんだポイントは人気です。


*シャークポイント

レオパードシャークがよく見られることからこの名前が付きました。
深度20M前後から南北に3つの根が連なり、
その中の1つが水面からヒョッコリと飛び出しています。
カラフルなソフトコーラルやウミウチワがびっしりとついて美しく、
ゴーストパイプフィッシュなどのマクロ生物もよく観察されます。

*アネモネリーフ

シャークポイントを北600mほどのところにもうひとつ隠れ根があります。
水深20m-30mからそびえる根にはイソギンチャクや
ソフトコーラルがびっしり。
タイガーテールシーホースなのどのマクロ系や、
回遊魚など見所の多いポイント。
トマトアネモネフィッシュなどもみられます。

*キングクルーザー

1997年に座礁したキングクルーザーのレックポイント。
水深32mに沈む双胴船は全長85mの堂々としたもの。
エンジンルーム、客室、キャプテンルームなど
探索することが出来ます。
青い海と黒い沈船にキンセンフエダイ群のコントラストが美しい。


*ドクマイ島

プーケットとシャークポイントの間にある島。
ドクマイはタイ語で花という意味です。
そんな名前にぴったりのソフトコーラルやシーファンがたくさん付いた
美しいウオールの水中景観。ケーブもあります。
カエルアンコウなどのマクロ生物も見られます。
posted by プーケットダイビング at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | プーケットダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プーケットのダイビングポイント ラチャノイ島

プーケットの南、ラチャヤイ島のそのまた向こうにもうひとつ島があります。
水深は10mから40m、水の透明度は高く、水中に大きな岩がゴロゴロとしています。
流れが早く深度もあり、ドリフトすることが多く、マンタやジンベイザメに遭遇することも。
初心者でも楽しめる、生き生きと枝サンゴの茂った湾内のポイントもあります。
穏やかな癒しの海でリラックスダイビングをどうぞ。


いくつもの大きな岩が転がるダイナミックな景観、
10-40mまで続くさわやかな青い海。
マンタやジンベイザメなどの大物も回ってくることも。
島の北側と南側には潮流が早く、深いポイントなので
初級者には向きませんが、
湾内では初心者の方でもダイビングを楽しめます。
posted by プーケットダイビング at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | プーケットダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プーケットのダイビングポイント ラチャヤイ島

プーケットの南役20kmの沖合いに浮かぶ大きな島。
ラチャとは王様を意味し、ヤイは大きいという意味を持ちます。

クリスタルのような海、白い砂。
癒しの水中散歩に出かけて見ましょう。


*ホームランリーフ 


巨石のゴロゴロとしたところに枝サンゴがひろがっています。
ヒュージュラーの群れが舞い降り、その横の岩にはカサゴが息を呑んで張り付いています。
砂地の22m付近にこじんまりとした沈船が横たわり、
数種のカクレエビ類が潜んでいます。
周辺にまるで枯れ枝のようなワカヨウジが佇んでいます。


*スタックホーンリーフ


鹿の角に似た枝サンゴの広がっていることから名づけられました。
枝サンゴの間は魚たちにとって安全な場所なのでしょう、
アカククリの幼魚などもこの安全地帯がお気に入りのようです。
所々にサンゴのついた岩があり、スカシテンジクダイがキラキラと輝いています。
砂地ではガーデンイールが空を仰ぎ忍者のようなヤッコエイの目が周囲を見回しています。



*ルーシーズリーフ

美しい枝サンゴ、大きな岩が点在し、
スズメダイやコラーレバタフライフィッシュなどが歓迎してくれます。
アシカのような顔をしたコクテンフグやのほほん顔のモヨウフグ、
ほそながーいアオヤガラなど面白い形態のものも多いです。


*バンガローベイ
乾季のメインポイントで、流れもないことが多く、
初心者でも安心してダイビングを楽しめます。
スズメダイやチョウチョウウオなどトロピカルな魚や
エイ、シャコなど砂地の生物などにも出会います。
posted by プーケットダイビング at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | プーケットダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月15日

プーケットのダイビング

プーケットの周辺には多くのダイブサイトがあり、
オールシーズンダイビングが楽しめます。

初心者から安心のダイブサイトからベテランダイバー向きのポイントまであり、
ダイバーもダイビングをしたことのない人でも参加できます。

トロピカルなかわいい魚たちに囲まれて過ごす休日は激アツです。
posted by プーケットダイビング at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | プーケットダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

成田−プーケット直行便再就航

日本からプーケットへの直行便は津波後ストップしていましたが、
ついに復活です。

タイ航空で7月17日(木)から成田→バンコク便が週2便就航します。
アジアのを代表するビーチリゾートがより近くなり、うれしい限りです。

TG671便

木・土曜日運航
成田10:00発→プーケット15:25着

※ 同フライトの復路便はバンコク→成田便(TG642便)として運航されます。
※ また同フライト導入に伴い、TG643便(成田→バンコク線)は毎日運航より、
   月・火・水・金・日の週5便の運航となります。

また同フライト導入に伴い、TG643便(成田→バンコク線)は毎日運航より、
   月・火・水・金・日の週5便の運航となります。
posted by プーケットダイビング at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | プーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。