2008年04月30日

ビッグゲームフィッシング

プーケットを囲む海はアンダマン海という名称。
アンダマン海はそのままインド洋へ続いている。
インド洋と言えば、海洋生物が豊富なことと、海水の美しさで知られている。

そう。プーケットは海の大物が潜む海なのだ。

プーケットから釣り船に乗って沖に出ると、水の色が濃い青色になる。いかにも大物が潜んでそうな海。

地元の漁師は大物釣りをするときは、やはり生餌を使う。イカやシャコ、アジ等。ルアーは食いが悪いのであまり使わない。

釣れる魚:バショウカジキ、ヨコシマサワラ、ピックハンドルバラクーダ、オグロメジロザメ、アカマダラハタ、ヤイトハタ、ロウニンアジ等。

太平洋の島と比較すると、魚のサイズは小さいが、それでも十分楽しめるサイズ。

ビッグゲームフィッシングの料金は、日本や太平洋の島々と比較しても割安。釣り好きの方、チャレンジされてはいかがだろうか。
posted by プーケットダイビング at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | プーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95214078

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。