2015年11月13日

プーケットのダイビング概略

プーケットはタイ南部に位置する常夏の島(365日夏)。島の大きさはタイ最大。年間1000万人以上の観光客が訪れる、有名リゾートです。
プーケット島周辺の海域は透明度が高く、色とりどりのサンゴや熱帯魚等、海洋生物の豊富な海が広がっています。日本では見ることができないような水中世界。プーケットでは様々なアクティビティーを楽しむことができますが、その中でもダイビングは人気の高いアクティビティーです。
せっかく日本での日常を忘れるためにプーケットへ来たのですから、更に美しい海を求め船で沖に出て、是非ダイビングに挑戦しましょう。

プーケットのダイビングスタイルは、リゾートスタイル。
1日のツアーで2本潜るのが一般的。ダイビングとダイビングの間に昼食を挟んで船から2本潜るのです。

プーケットから訪れるダイビングサイトは、ラチャヤイ島やピピ島、マリンパーク方面と複数。それぞれに特徴があり、体験ダイビングから、上級ダイバーまでプーケットでのダイビングを楽しむことができます。

様々なダイビングポイントがあるので、プーケット島滞在中、複数日に渡ってダイビングツアーに参加して全てのポイントを潜り倒すダイバーも少なくありません。

プーケットほうぼう屋

初心者ダイバーや、グループで潜る人には、ラチャヤイ島がお勧め。プーケットから所要1時間以内と程近く、透明度が高いラチャヤイ島の海では、様々なスタイルのダイビングが楽しめます。また、ラチャヤイ島は年間を通じてダイビングを楽しむことができる、海況的に安定したポイントでもあります。ハイシーズンには多くのダイビングボートがプーケットからラチャヤイ島を訪れます。
posted by プーケットダイビング at 11:38 | TrackBack(0) | プーケット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。